瀧川かずみ

1986年生まれ。多摩美術大学にて彫刻を学ぶ。

彫刻制作の過程で蝋引き鞄が生まれる。2011年より鞄の制作を開始。

 

コンセプト

クラフト紙で出来た簡素な紙袋を、長期使用に耐えうる素材に置き換え再現した鞄。        

大量の紙が日々生産され、消費されています。それはその物が簡易的な使用を目的としたものである場合が多く、それらには紙という素材が適していたからです。紙袋もまた、物を運ぶ道具として優れたデザインでありながら使用は一時的であり、消費され続けます。その優れたデザインを生活の中で、より長く愛着の持てる物として素材を新たに、大量生産とは正反対の方法で作りかえました。

 

※長方形の紙を折り重ね形作られる事によって、底面が強化され、重い荷物にも耐えうる機能的な構造。

 

染色

クラフト紙の色を再現する為に、鞄の素材である帆布に紅茶やコーヒーで染色を施しています。染色に使用する素材もまた、日常に身近なもので日々大量に生産され消費されるものです。それはコンセプトにおいて、染色においても適していました。

蝋引き

鞄の一番の特徴は蝋引き加工に あると思います。鞄本体の帆布に蝋引きを施した事で、紙のハリ、折れや擦れで生まれる風合を再現し、布の強度も高めています。また2種類のワックスを配合し強いハリと柔軟性を持たせています。

 

取扱い

使い続ける事で、折れや擦れによって白い線が全体に入ってきます。それらを消すには、その部分に軽くアイロンを当てるか、ドライヤーの熱風を当てる事で表面の蝋が溶け、白い線を消す事が出来ます。

また、馴染んで柔らかくなってきたら、鞄を上下オーブンシートに挟み、その上から高温のアイロンをゆっくりかける事で、冷めると元のハリのある状態に戻す事が出来ます。

 

色落ちの可能性、蝋引きの風合が損なわれる場合がある為、水洗いは避けて下さい。汚れた場合は、固く絞った布巾で全体を拭いて下さい。雨などで濡れてしまった場合は、乾いた布で表面を拭き、陰干ししてからご使用下さい。

 

夏場の高温になる車内に長時間放置するのは避けてください。タンブラー乾燥、暖房器具の近くや火器そばでの放置は厳禁です。ロウが溶け出る可能性がございます。

©Kazumi Takigawa 2014 - 2018.

  • Instagram Social Icon